So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

名盤その45『Poets and Madmen』SAVATAGE [名盤]

いや~、ぶったまげました

ノーマークでした、SAVATAGE

バンド名はもちろん知っていたのですが、聴く機会が全くありませんでした

2001年発表『Poets and Madmen』
15170521896410.jpg
この後から活動休止するのですが、すごいのを作ったんだなと率直に思いました

聴く度に新しい発見があると言えるんじゃないでしょうか

ドリームシアターに比肩しうると書いてる人もいますが、
発表が2001年ですので、あっちはちょうどメトロポリスpart2あたりですかね


全体的にややダークな雰囲気ですが、キーボードを多用していてシンフォニックな印象を受けます
コーラスワークはカッコいいですし、
リフなんかもバラエティーに富んでいます

サヴァタージのリフって、なんかコピー心をくすぐられるんですよね


ギタリストはアル・ピトレリです

知る人ぞ知るという職人系の人で、
故クリス・オリヴァのギターワークもツボを押さえていて好きですが、そこからテクニックを昇華させたプレイヤーというかんじです

テクニカルであっても難解ではないですし、「ちょっと弾いてみようかな」という気にしてくれます
(僕が読んでいたヤングギターでは、そこまで取り上げられてはなかったと思います)

ここまでベタ誉めのサヴァタージですが、
残念なことに日本ではあまり人気が無いんだそうです

その理由は、ボーカルが初代・二代目ともにむさ苦しい声からだと言われています

日本で人気のある海外のバンドのボーカリストって、やっぱり特徴的ですもんね

すごい悪い奴(アクセル・ローズ)、ハイトーンで美声(フレディ・マーキュリー)、超イケメン(ジョン・ボン・ジョヴィ)、セクシー(ミック・ジャガー)etc.

その枠には入れなかったにしても、十分なボーカリストなんですけどね(笑)

さて、活動休止の彼らが活動を再開したというニュースが流れました

新作を出すのか、日本に来るのか、僕の中で気になるバンドになってきました



nice!(18)  コメント(0) 

アコギの最強の相棒 [ギター]

そこで
僕が持っているアンプをご紹介します

別にいいよ、と言わず読んでください(笑)

AER社のビンゴ2です
15172321226882.jpg
前面のスポンジは長年の使用のせいで剥がれ落ちました

買ったのは10年前で、新品で10万円くらいだったと思います

その当時はジャズギターを習っていましたので、先生におすすめのアンプは?と尋ねたら即答でコレでした

元来はアコースティックギター用なのですが、フルアコでもたしかに良いんです
10万円払う価値はあります

15172321147781.jpg
入力は2端子で、1つはキャノン対応です
EQに劇的な効きはありませんが、ちゃんと独立しています
2端子ですので、デュアルピックアップのギターを使ったり、ギターとボーカルのデュオというシチュでも使えます

なかなか優秀なのが、内臓エフェクターです
ホールリバーブ、ショートディレイ、ロングディレイ、コーラスの4つの内、1つを選べます
(リバーブだけでいいかな)

ちなみに、左の方にあるCOLORというボタンで中域の変化を作れますので、出音に飽きたら変えてみるといいですよ

続いて裏面です
15172321074950.jpg
センド・リターンやラインアウトやフォンアウトは当たり前として、チューナーアウトが付いてるのは珍しいと思います


問題の出音は、クセが無いとは言い切れないですが、とても温かみのある音です

ジャズギタリストが使いたがる理由がわかります

これだけで完結できるほど優秀です

某楽器店に勤めていた友人の話では、アコースティックギターを売りたい時はビンゴ2に通してたそうです

安いギターでも良い音になるわけで、実際その通りです

ビンゴ2の生産は現在では終わっており、
モデルチェンジなのか、今はコンパクト60と名前が変わっています

機能的には大体同じっぽいので、いいアンプが欲しいって人は、コレ一択でいいと思いますよ




nice!(11)  コメント(0) 

シーズンやり直し [ゲーム]

今月はバンド活動もお休みということで、個人的にはとても残念なわけですが…

せっかくの休みですので、ちょっと羽を伸ばしたいと思います

そこで買っちゃいました
15158964402491.jpg
15158964048400.jpg
3DS「ファミスタ クライマックス」

これは2017年シーズン開幕データなんですが、随時選手がアップデートされ、シーズン中にブレイクした中日の京田や横浜の濱口なんかも入っています

もちろん、ライオンズの源田もです
これは大きいです!

僕がこれを買った理由は、野球が無い冬の時期に野球を楽しみたいというものですが、なんといっても各球団の監督やコーチが使えるからです。
ライオンズには西口さんがいるんです[exclamation]

この監督やコーチは、ファミスタクエストというモードでミニゲームをこなし、ランダムで入手できるわけですが、いきなり西口さんが来てくれました[泣き顔]

全球団で36人いるので、1/36です

今年の運を使い果たしたかもしれませんが、それでも構いません(笑)

決め球は「縦スライダー」
15161879909250.jpg
それを投げるとあのフォームになるところが『よくわかってるなあ』と感心しました

通常のペナントレースには使えないのが残念なところですので、「ドリームペナント」というモードで通算200勝してもらい、ライオンズを優勝に導いてもらいます

2018年シーズン開幕までこれで過ごします
nice!(12)  コメント(0) 

アコギの旅 最終話 [ギター]

不定期でお送りしてきました「アコギの旅」

エレアコをオーダーするまでの軌跡を綴ってきたわけですが、今回で終わりです

その理由は…

ついに完成しました[泣き顔]

15148033176700.jpg


僕のこだわりとヤイリさんの技術の結晶でございます

今か今かと連絡を待ち、オーダーして5ヵ月で仕上げていただきました

仕事が早いっす[exclamation]

お値段は何と30万[ウッシッシ]
正直安いです[exclamation]

フルアコみたいに見えるかもしれませんが、KYF-2というモデルのカスタムですので、立派なエレアコです

小振りなボディですので、体の大きくない僕にはピッタリです


ケントアームストロングのピックアップ
15148033365482.jpg
外からは見えませんが、2nd factorのAPU-1というコンタクトマイクが入っています

マッチングヘッド
15148033274801.jpg

ウッドバインディング
15148033455463.jpg

地味に感動した点が、
チューニングを合わせた時に各弦の向いてる方向が、きれいに左右対称ということ[exclamation]
たまたまなのか、狙ったのかわかりませんが、僕はいつも狙ってます
でもうまくいきません
さすが世界のヤイリさん(笑)

自分史上最高のギターが、
僕のこれからの音楽ライフを豊かにしてくれるでしょう[るんるん]






nice!(12)  コメント(0) 

名盤その44『Operation: Mindcrime 』Qeensryche [名盤]

明けましておめでとうございます
新年を迎えて、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、W杯イヤー2018年の一発目です

今回は1988年発表、クイーンズライク(クイーンズライチ?)の傑作『オペレーション マインドクライム』です
images (1).jpg
今やプログレ界の(メタル部門の)重鎮に数えられるようになった彼らの大出世作は、壮大なコンセプトアルバムであり、スケールが大きすぎて「こんなの超えるものあるの?」なんて思えてきます


一応、簡単にストーリーを書いておきます

主人公・麻薬中毒者のニッキーは、ある組織の暗殺者でもあります
彼の心の支えは教会のシスター・メアリー

ある日、組織はシスター・メアリーの抹殺を彼に指示します

苦悩するニッキーは悩んだ末、組織を裏切りシスター・メアリーと逃亡生活を送ることにしました
しかし、そんな日は長くは続かず、シスター・メアリーは何者かによって殺害され、ニッキーはメアリー殺害容疑を掛けられた上に、精神病院に収容されてしまいます…

記憶などが曖昧になったニッキーの「I remember now」というセリフから、この物語は始まります

もう、ワクワクが止まりませんでした

僕の世代的にはドリーム・シアターの「メトロポリスpart2」がNo.1なのですが、それに勝るとも劣らないですね~

ペトルーシとはタイプは違えど、クリス・デ・ガーモのギターも本当にカッコいいです

何がカッコいいかわかって弾いてるかんじです

というわけで、
しばらくの間、プログレにハマってみることにしました(笑)

nice!(11)  コメント(0) 

締めてやりますか [バンド]

今夜19:30から今年最後の生配信を行います

いつも観てくださってる皆さん、本当にありがとうございます

今年最後ということで、ちょっと長めに時間を取りました

長くなる理由はですね、内容量が多いからに他ならないんです

今夜は…

1.「カバーで1テイク総集編」リベンジ祭り[exclamation]
2.インプロビゼーションの応酬[exclamation] ボーカルVSその他3人

この2本でお届けします

1.は今年途中から始まった企画の全曲を演奏します。
練習ナシは無理があった曲も練習を繰り返し、それなりになったと思います。

2.は、アドリブソロ回しをボーカルと掛け合いでやってみようという、なんとも無謀な企画です[猫2]
曲は「サンタが街にやってくる」です

ステージもたくさん経験した僕たちVIRGIN LANDSCAPEの2017年の集大成をお見せできるはずです

19:30から以下のURLからお越しください~[exclamation]

https://youtu.be/50kOnhfuh5U



nice!(17)  コメント(0) 

陶酔して泥酔 [バンド]

12月9日の夜、新所沢のTHE ROCKで演奏して参りました[exclamation]

来てくださった皆さん、出演者の皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

本当に本当に素敵な夜でした

何が良いって、お店の雰囲気・作り・音が最高だったんですよ

特に自分のギターの音が最高で、弾きながら「何これ」って思っていました

完全に陶酔しました
PAさん、この場を借りてお礼を申し上げます
15129991328370.jpg
僕の写真しかなくてすいません[あせあせ(飛び散る汗)]

全員の写真をお持ちの方、いらっしゃったら教えてください

バンド演奏はどうだったんでしょうね~?
まだ音源を聴いてないので何とも言えませんが、今回は荒削りだったかもしれません

でも、それでいいかなって思います
お客さんが喜んでくれたら全てOKです[exclamation]

個人的には嬉しいことが重なって、飲み過ぎてしまい、途中の記憶があまりありません(笑)

迷惑かけてなきゃいいですけど…

もしまた同じ場所で演奏する機会があったらいいなあ
nice!(12)  コメント(0) 

泣きそうからの泣きました [音楽]

15130008735720.jpg

去る11月29日、VIRGIN LANDSCAPE恒例の生配信をやりまして、リハ無し一発合わせ企画で「されど奇術師は賽を振る」を演奏しました

こちらの冒頭です
https://youtu.be/GBD8JLJt2pM

いや~、酷かったです[exclamation]
ウォーミングアップもしっかりやったんですが、イントロを失敗しましたし、
ギターがサウンドにマッチしてません
技術的なこととサウンドメイクを見直して、次回はリベンジします

次回は今までのリハ無し一発合わせを全曲やりますので、まあまあ大変です…
それで終わりかと思いきや、ちゃんと12月の課題曲が用意されてました

12月は…GO!GO!7188「こいのうた」です

代表曲ということですが、すいません、知りませんでした[m(_ _)m]

翌日からコピーを始めてすぐに覚えられました
演奏するのに特別な技術はいらないのですが、この曲はなんといっても歌詞です

恋人がいる片想いの彼への気持ちを歌った曲で、自分の気持ちに正直になったり、抑えつけたり、苦しさが痛いほど伝わってきます

聴いてて泣いてしまいました

まあ、今はこの歌詞みたいな気持ちになることはないんですけど(あったらカミさんが出て行きます)

久しぶりに感情移入できる曲に出会えたと思います

これを選んできたボーカルのみずえちゃんには感謝します

今回に限らず毎回チョイスが良いと思ってるんですけどね
本人には内緒にしてます(笑)

最後は笑って終われるようにします


本番は12月27日です






nice!(16)  コメント(0) 

今年の最後は新所沢 THE ROCK [バンド]

バンド活動としては、今年はライブが中心でした
レコーディングは去年済みましたので、今年は録ることはありませんでした
本当は録りたかったんでしょうけど、僕の脱退が決まってましたから、録らなかったのかなと思っています

さてさて、もうすぐ今年最後のライブを迎えます

12月9日 新所沢THE ROCKというお店で
「Crazy Night Super Live」というイベントに出演します
1509807804180.jpg
けっこうたくさんのバンドやグループが出るようで、とても楽しみです

17:30からスタートして、僕たちは18:15からの出番となっています

終わりまでいますので、それまでに泥酔してるはずです(笑)

土曜日ですし、たくさんのお客さんが来てくれてると思います

是非とも来ていただきたく思います[exclamation]
nice!(14)  コメント(0) 

今回の名盤は特別編 [名盤]

気がつけばもう12月です
街はジングルベルや忘年会です
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

一年を振り返るついでに、この名盤コーナーで取り上げたアルバムからベストの5枚を選んでみようと急に思いつきました

カウントダウン方式でいきますね
第5位
images (3).jpg
ボン・ジョヴィ「THESE DAYS」

若手から中堅になった彼らの渋さが全面に出ており、これまでに比べ派手さも無く、全体的におとなしいです
その分、楽曲のクオリティが恐ろしく上がっております

『THIS AIN'T A LOVE SONG』は極上のバラードでジョンの絞り出すような声が切ないです
この曲はジョン以外のボーカルではダメです
『THESE DAYS』は言葉にならないノスタルジックな気持ちにさせられます。
子供の頃はこう思ってたのに、大人になった今の自分はどうなんだ?
非常に考えさせられます

ジョンと仲直りしたギターのリッチー・サンボラのコーラスが、作品に大きな安心感を与えています

第4位
images (7).jpg
ジョアン・ジルベルト&スタン・ゲッツ『ゲッツ ジルベルト』

ボサノヴァの夜明けとなったこの作品が堂々の4位です
僕がボサノヴァに目覚めたアルバムであり、ブラジルの旅に出たきっかけでもあります

ジョビンの優しいピアノと名曲の数々
ジョアンとアストラッド夫婦(当時)の気だるい歌声
孤高のジャズマン、スタン・ゲッツの名演
これがボサノヴァです!

第3位
images (6).jpg
ディープ・パープル『LIVE IN JAPAN』
黄金期の第2期に日本で行われた東京と大阪の公演からチョイスされて作られました
これはメンバーみんながクスリやってるんじゃないかというくらいの狂気を感じます

勢い、演奏、パフォーマンス(見えませんが)、全部カッコいいです
これ、たぶんクスリやってます

リッチーとギランの仲が悪かろうが関係なし
ステージで個性をぶつけ合いカッコよければ何の問題もありません


第2位
images (2).jpg
ジェフ・ベック「Blow by Blow」
邦題「ギター殺人者の凱旋」(笑)

言わずと知れたギタリストのバイブルです
テクニック的にはそれほど難しいものではありませんが、同じニュアンスを出そうと試みようものなら、鼻っ柱を叩き折られること間違いなしです

スライドからのチョーキングなんて、泣きそうになるくらいカッコいいです

ギタリストなら避けることなく挑戦してほしいです

楽しそうにオックスブラッドと戯れるベックのジャケットは、アルバムを表すには正に「これしかない」というかんじです

第1位
unnamed.jpg
キャロル・キング「Tapestry」

もう、なんというか、全てが素晴らしいです
キャロル・キングのシンガーソングライターとしての魅力が、この作品を優しく包み込んでいて、文句の付けようがありません

曲を書く人・歌を歌う人にとって、この「Tapestry」は絶対に持ってないといけないというような作品です

たしか、バンドが解散してキャロルに「ソロでやってみないか」と誰かが話を持ちかけて作られたはずです
ドキュメンタリーで観ましたので間違いないです

と、こんなかんじで今年の名盤コーナーは終えたいと思います

他にもピンク・フロイドの「狂気」、ミニー・リパートンの「パーフェクトエンジェル」、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」などなど、10枚選んでよければ選ぶんですけど、記事が長くなるのもあれなんで止めました

ということで、年明けからまた名盤をご紹介していきます[m(_ _)m]

よろしくお願いします



nice!(10)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。